農 業

メンターからのメッセージ
学生時代のチャレンジは、間違いなく将来大きな財産になります。若くしてチャレンジすればするほど、早くに広く大きな視野を手に入れることが出来ます。
広く大きな視野は、チャンスを広げてくれます。社会や世界の仕組みが分かり、お金も自由も手に入れることが出来ます。やりたいことを伸ばして楽しく仕事が出来る人と、あきらめながら人生を送る人との違いはこの「チャレンジを楽しめるか」どうかです。わたしたちと、ぜひ一緒に楽しくチャレンジしましょう!
小林 寛利 さん
VEGIMO GROUP 代表
サインズ株式会社、株式会社野のファーム、株式会社プローバベジモ 代表取締役
プロフィール
20歳のころ、環境問題に関心を持ったことをきっかけに起業を意識しはじめ、大学卒業後、東京の複数の会社(飲食チェーン、会計事務所、緑化会社など)で勤めたのち、27歳で独立起業しました。起業で選んだのは全く未経験の「有機農業」でした。そこから、農業を中心にした飲食店や福祉サービス、ITサービスなどを多角的に起業しました。拠点も愛知、栃木、広島と広がり、いまは全国を飛び回り、事業を広げるべく活動しています。

小学生のころニュージーランドに短期留学を経験し、その後も様々な国に行きました。異文化や多様性は自分を大きく成長させてくれました。環境問題のみではなく、社会的な課題を解決するソーシャルビジネスに関心を持っています。
 
 

PAGE TOP