2030年の未来を、かっこいい大人と共に描く。

〜 教科書を超えたリアルな課題を考える 〜
私たちが住んでいる社会ってどんな社会?
時代は急加速で進んでいると言われているけどよく分からない。
それなら、普段見ているフィルターを破って、新たな視点で社会を見てみよう。

自分たちが住んでいる社会に潜む課題を自分たちで解決してみるプロジェクト「SPIRAL(スパイラル)」。
実際に社会課題解決をしている人たちをお呼びして、社会課題解決のプロフェッショナルと、高校生の仲間で地域の課題の解決策を探し出していきます。

未来を変えるのはあなた達。
さぁ、思い切って社会に飛び出てみよう。
 
 

SPIRALについて

様々な分野で社会課題に取り組む10人の実践家をお呼びして、高校生5人一組のチームで「2030年の未来」をよりよくすることをテーマに社会課題に取り組んでいきます。各分野にはそれぞれ違った現状があり、高校生ならではの視点で現状に切り込みます。

皆さんを支えるのは課題解決の実践家たち。
実践家の方からのヒントを得ながら、あるべき未来の姿を自分達で考えます。何度も何度も話し合いを重ね、より社会に貢献できる解決策を模索していきます。ときには、解決策が見つからず立ち止まってしまうこともあるかもしれません。仲間同士の意見がすれ違ってしまうこともあるかもしれません。そんな時はコーディネーターと大学生サポーターが皆さんの探究をサポートします。いろいろな人達と一丸となって自分達のアイディアを形にしていき、最後にそのアイディアを発表します。

実際に社会で起こっている出来事を調査したり、当事者や関係者にヒアリングをしたりしながら、課題を“リアル”に捉えたうえで解決策を考える。
SPIRALを通じて知り合った新しい友達は、これからも長く付き合える「ホンネで語れる友達」になるはずです。

探究テーマ

PICK OUT
アドバイザーからのメッセージ
私は高校生の頃、海外ボランティアに参加したことがきっかけで作業療法士になることを決めました。...
  • # フェアトレードタウン
  • # エシカル・ファッション
  • # エシカル消費
原田 さとみ さん
  • # いのち
  • # 環境
  • # 多様性
今井 光代 さん
  • # IoT
  • # 先端技術
  • # プログラミング
松岡 慎也 さん

農 業 

  • # 農福連携
  • # 自然栽培
  • # 食の家族
今枝 稚加良 さん
  • # フリーペーパー
  • # 地域コミュニティ
  • # 教育
北村 隆幸 さん

医 療 

  • # 地域生活
  • # 美容
  • # ものづくり
佐藤 真琴 さん
  • # ソーシャルインクルージョン
  • # ひきこもり支援
  • # メンタルヘルス
山下 祐司 さん
  • # デザイン
  • # 技術・技法の継承
  • # アパレル
久野 浩彬 さん
  • # 多文化共生
  • # 多様性
  • # グローカル
土井 佳彦 さん

教育 

  • # 社会起業
  • # 総合型選抜
  • # 生まれによる機会の格差
吉野 裕斗 さん

SPIRALの流れ

自分のテーマに沿った「2030年の未来」を描く、5か月間の探究プログラム。
興味を持ったテーマを理解し、仲間とディスカッションを深め、自分達のアイディアを発表します。
※「Challengers Forum」だけの参加も可能です。

Challengers Forum

2022年9月19日(月)
様々な課題の解決にチャレンジする社会課題解決のプロフェッショナル10名が集まるイベントです。
社会ではどのようなことが起こっているのか、その課題をどう解決していこうとしているのか、社会で活躍する実践家から現場の生の声を聞きます。
社会の最前線で働く人たちのリアルな課題を聞き、自分たちが取り組みたいことを探していきます。

講師の専門分野は、身近なものから少し遠いものまで様々ですが、どの方も一流のプロばかり。
話を聞くだけでも貴重な機会になります。「かっこいい大人」のエネルギーをもらえるはずです!

Challengers Labo

2022年10月下旬 - 2023年3月下旬
ここからは皆さん自身がチャレンジャー。それぞれの講師のもとで、仲間たちと「2030年の未来」について考えていきます。
フィールドワークやインターンシップなどを通じて課題を体感したり、ミーティングや合宿を通じてアイディアを出し合ったり。仲間と交流を深めながら、切磋琢磨し自分たちの納得のいく発表ができるように取り組みます。
Challengers Laboはメンバー主体で活動していきます。定期的に集まったり、SNSやテレビ会議システムなどを活用したりして、話し合いを進めていきます。
スタートの会となる「キックオフミーティング」と全体研修の場となる「研修合宿」「中間研修」は参加者全員で行います。
キックオフミーティング:10月22日(土)
研修合宿:11月19日(土)、11月20日(日)
中間研修:1月8日(土)

Challengers Session

2023年3月21日(火)
これまでの取り組みやチームで考えたアイデアを、5か月間の集大成を発表する最終報告会です。10名の講師が再び集結し、皆さんの発表を受け止めます。チームで思い描いた「2030年の未来」に向けての課題解決アイディアを、多くの人に伝える機会です。もしかしたら、皆さんのアイディアが実践的に世の中に取り入れられるかもしれません。

Next Challenge Meeting

2023年3月28日(火)
SPIRALを通じて大きく成長したあなたは、プログラム終了後も次のチャレンジがしたくてきっとウズウズしているはず。
これから自分は何をしたいのか。どのような大人になっていきたいのか。
なりたい自分に近づくための次なる挑戦の場を一緒に考えます。
 
 

応募フォーム

学校では出会えないような多様な仲間や大人との出会いや、新しい繋がりを築くことができるSPIRALのChallengers Labo。 10月22日のキックオフミーティングから、本格的に5か月間の探究活動への挑戦がスタートします。

フィールドワークやインターンシップなどを通じて課題を体感したり、ミーティングや合宿を通じてアイディアを出し合ったり。仲間と交流を深めながら、 自分たちの成長につなげていきましょう。

社会課題に取り組む大人と共に、皆さん自身がチャレンジャーとなり、2030年のワクワクする未来を描きませんか。

応募締切:10月14日(金)

サポート体制

高校生のチャレンジを様々な人たちがサポートします。

そのテーマの専門家である講師(アドバイザー)だけではなく、探究的な学びの進め方の支援するコーディネーターや、高校生に寄り添い一緒に歩んでいく大学生サポーターなど、様々な人たちがキミたちのチャレンジを応援し、伴走してくれます!

コーディネーター
舩坂 礼子 さん

瀬戸市教育委員会 CS統括コーディネーター
教育と福祉をつなぐ合同会社エデュウェル代表
特定非営利活動法人しみんシップnet 理事

SPIRALでの「人・もの・こと」との新たな出会いは、自分の中にある『何か』を呼び起こします。そのマイディスカバリーは、自分の心をゆさぶり、感じたことのない喜びや迷いを生じさせます。深まり広がるその気持ちを、私たちコーディネーターに話してください。ともに喜び、ともにさまよい、ともに次のドアをノックしましょう。あなたの心のパッションはきっと誰かの心をゆさぶることになるでしょう。
大学生サポーター
杉浦 理泰 さん

岐阜大学 教育学研究科 総合教科教育専攻 言語社会コース

こんにちは!皆さんは何か挑戦していることはありますか?
僕は楽しく生きるをモットーに日々小さいことながら挑戦しています。何かやってみたい!そんな気持ちがあるなら、僕たちとSPIRALという場で大きなことに挑戦してみませんか?皆で学びを深めながら楽しんでいきましょう!

PAGE TOP